スポンサーサイト

  • author: スポンサードリンク
  • 2017.04.05 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

マイナビ進学 資料請求・サイトのご紹介


進路情報ポータルサイト♪

管理者(男性)は高卒止まりでありますが、参考に他サービスを利用したことがあります。(※当時は紙媒体のみでした。)

就職にしろ、進学(大学,専門学校)にしろ、リサーチはしっかり行なって欲しい。

何故なら、就職の場合は就職したい業種探しが必要ですし、進学の場合は大学(※通常なら4年制が主流)か専門学校かを選択するだけでも、リサーチの進め方そのものが違ってくるのです。

現在 小・中・高校生たちは管理者が学生であった頃と比べると、リサーチは容易に行なえます。

裏返せば、情報量が増えた分、迷いが生じても不思議ではありません。

そこで、登場したのが「マイナビ進学」。

カテゴリの構成はシンプルであるため、2クリックで目指したい学校探しを容易に探すことが出来ます。

管理者の親世代の大部分は中・高卒止まりの方が多いので、アドバイスを貰うのは容易ではありませんでした。/p>

しかし、管理者と同世代の親御さんの多くは大卒が目立っており、良きアドバイスをもらえる可能性が高いのです。

親にアドバイスを貰うのも良い事ですが、一番大事なのは自分自身で探すこと。

そうすれば、自ずから開けるかもしれません。

進学のことでお悩みの方は下記のリンクへ
『大学短大・専門学校・スクールなら』なりたい「わたし」を一緒に見つける

教育ブログ

スポンサーサイト

  • author: スポンサードリンク
  • 2017.04.05 Wednesday

ページトップへ戻る▲